トピックス

現在位置
ホーム / トピックス / 株式会社パソナグループ、三菱商事株式会社によるアウトソーシングサービスの合弁事業について(2012年03月29日)

株式会社パソナグループ、三菱商事株式会社によるアウトソーシングサービスの合弁事業について(2012年03月29日)

株式会社パソナグループ
三菱商事株式会社
ビーウィズ株式会社

株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部 靖之、以下「パソナグループ」)、三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 小林 健、以下「三菱商事」)、ビーウィズ株式会社(三菱商事100%出資、本社:東京都新宿区、代表取締役社長 遠藤 克彦、以下「ビーウィズ」)の3社は、コンタクトセンター事業※1やBPO事業※2を中心としたアウトソーシング(業務委託)分野において、日本を代表するアウトソーシングサービス事業会社の構築を目指し、ビーウィズの株式をパソナグループが60%取得し、2012年5月よりパソナグループと三菱商事による共同経営体制とすることに合意致しました。

日本国内においては、東日本大震災以降、企業における事業継続リスクを分散する必要性が高まっていることなどを背景に、効率的な業務プロセスの構築・運用を目的としたアウトソーシングサービスへのニーズが、ますます高まっています。 一方、お客様の事業戦略を踏まえ、経営目標・課題を明確化し、業務プロセスの設計・構築、アウトソーシングサービスを全国規模で提供できるBPO事業者は依然不足しているのが現状です。

本合弁事業では、「パソナグループが保有する全国ネットワーク、人材派遣・委託・請負事業のノウハウ」、「三菱商事の持つ事業マネジメント力」、「ビーウィズが誇る屈指の業務分析力、業務委託事業の知見とプロジェクトマネジメント力」を結合し、お客様にとって最適なアウトソーシングサービスを提供(業務委託化)することで事業基盤の強化・拡大を目指すとともに、お客様の業務効率化に貢献して参ります。

※1:コンタクトセンター事業とは、従来のコールセンターにおける電話対応に加え、電子メールやWebページといった複数チャネルでの顧客対応を、専門企業としての知見・ノウハウを活用し、お客様に代わって効率的に行う事業。

※2:BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業とは、お客様の業務プロセスの一部を一括して受託する事業。お客様は、知見・ノウハウを有する専門企業に委託することで、業務の効率化・高品質化に加え、自社のコア業務に専念することが可能となる。

【合弁事業会社の概要】

会社名: ビーウィズ株式会社
代表者: 代表取締役社長 遠藤 克彦
本社所在地: 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー32F
資本金: 3億円
出資比率: (3月29日時点) 三菱商事株式会社:100%
(5月予定) 株式会社パソナグループ:60%、三菱商事株式会社:40%
設立: 2000年5月12日
事業内容: コンタクトセンター事業及びビジネスプロセスのアウトソーシングサービス

ビーウィズについて

ビーウィズは、2000年の設立以来、通信、保険、家電、電力、金融などの大手企業を対象にコンタクトセンター事業を中心としたアウトソーシングの企画、設計・構築、運用を手掛けており、最近ではお客様のビジネスプロセスのアウトソーシングサービスに事業領域を拡大しております。

パソナグループについて

パソナグループは、1976年の創業以来「社会の問題点を解決する」を企業理念に、人と雇用に関わるさまざまな問題を解決する幅広い事業を展開しています。人材派遣や人材紹介、再就職支援、アウトソーシング、教育/研修など幅広い分野において、コンサルティングからオペレーション、人材のマッチングまで専門性の高いサービスをワンストップで提供しています。また現在は海外10地域36拠点で、日系企業の海外進出や業務の効率化を推進するBPOサービスや人材サービスを手掛けています。

三菱商事について

三菱商事は、国内及び海外約80カ国に200超の拠点を持つ総合商社です。新産業金融事業、エネルギー事業、金属、機械、化学品、生活産業の6グループにビジネスサービス、地球環境事業開発の2部門を加えた体制で、幅広い産業を事業領域としており、500社を超える連結対象会社と共に、世界中のお客様とビジネスを展開しています。

【ニュースリリースに関するお問合わせ】

本件に関するお問い合わせ先
ビーウィズ株式会社 経営企画部 小松原
Tel : 03-5908-3121

ページトップへ