トピックス

現在位置
ホーム / トピックス / ビーウィズ、CTCより韓国製通話録音システムVoistoreを導入(2011年07月25日)

ビーウィズ、CTCより韓国製通話録音システムVoistoreを導入(2011年07月25日)

ビーウィズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:遠藤克彦)は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一、以下:CTC)より、コンタクトセンターにおける通話録音システム「Voistore」を導入しました。

消費行動が多様化する中、消費者のニーズや変化を敏感に感じ取るために、コンタクトセンターは企業とエンドユーザとの重要な接点となっています。コンタクトセンターでは、音声データを単にエビデンスとして録音するだけではなく、テキスト化し分析することでマーケティングや顧客サービスを向上させるなどの活用が進んでいます。

ビーウィズは、コンタクトセンターの運営における多数の経験とノウハウを活かし、常に顧客満足度の向上を追求することでコンタクトセンターのプロフィット化実現を目指しています。そのためには、運営コストを最適化しつつ、顧客の声(VOC:Voice of Customer)を活かす仕組みが必要です。そこでビーウィズでは、2009年秋から通話録音システムの導入検討を開始し、音声データと分析システムとの連携が容易であり、操作性やサポートに優れる通話録音システムVoistoreの新規導入を決定しました。長崎のコンタクトセンターを始め、全国のコンタクトセンターに順次導入を開始し、2011年4月には約700ライセンスを導入しました。

本システムの導入により、通話録音システム構築に関わる社内コストが約3割削減し、録音された音声の聞き起こし等(音声検索)に費やす工数でも約3割の削減を実現しています。また、業務改善のPDCAサイクルが加速し、コンタクトセンター業務を受託したユーザーからの問合せに対して迅速な回答が可能になりました。ビーウィズは、今後もシステムの増設を予定しており、年内には1,000ライセンスを超える規模となる予定です。

今回のシステム導入に際しては、先進の技術を組み合わせた大小様々なコンタクトセンターソリューションの構築実績の経験を活かして、CTCがシステムの設計・開発・構築、運用支援を提供しています。

通話録音システムVoistoreについて

Voistoreは、コンタクトセンターにおいてアプリケーションプラットフォームとなり、音声データを活用できる韓国製の通話録音システムです。APIを公開しているため、アプリケーションとの連携がスムーズに行えます。よって、CRMアプリや業務アプリから利用することで運用フローへの影響も非常に少なく利用出来ます。ユーザーインターフェースに優れ、検索、再生の使いやすさにも定評があります。これにより、顧客の声(VOC:Voice of Customer)を活用し、より戦略的な企業活動を行うことが可能になります。

導入事例セミナーの開催について

ビーウィズは、CTCが開催する、本件に関するセミナー「現場の管理者に選ばれた!Voistore導入事例ご紹介セミナー」にて講演をいたします。Voistore導入後、コンタクトセンター業務の変化や通話録音システムの活用法等をご紹介します。セミナー内容は以下の通りです。

開催日
2011年9月7日(水)
時間
14時~17時(13時30分~受付開始)
主催
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
協賛
アルファコム株式会社 株式会社VOISTORE
協力
ビーウィズ株式会社
会場
東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 403号 東京コンファレンスセンター品川
詳細URL
http://spider.ctc-g.co.jp/web/fm/jk/2011045g

お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせ先
ビーウィズ株式会社 経営企画部
Tel : 03-5908-3121
Email : contact@bewith.net

ページトップへ