トピックス

現在位置
ホーム / トピックス / ビーウィズ、横浜第三センター開設 ~横浜駅周辺で1,000人の雇用へ~(2008年04月01日)

ビーウィズ、横浜第三センター開設 ~横浜駅周辺で1,000人の雇用へ~(2008年04月01日)

ビーウィズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:山野 正樹)はこの度、神奈川県横浜市に同市内3拠点目となるコールセンター(横浜第三センター)を開設致しましたので、お知らせいたします。

開設した横浜第三センターは、2008年4月より大手化粧品会社の「受注・問合せ受付窓口」の業務を皮切りに、座席数約200席、雇用者数は約300人(予定)を目指し業務を運営してまいります。同センターの開設により、既設拠点(横浜第一・横浜第二センター)とあわせ、横浜市内で合計1,000人の雇用の創出が可能となり、地域の活性化においても貢献できると考えております。

同センターは、既設拠点と同様、複数路線が乗り入れている横浜駅西口から徒歩6分と交通の利便性も高く、首都圏エリアでも東京に次ぐ大都市でもあることから、安定した雇用の確保が望めます。今後につきましては、前述の大手化粧品会社の他、通信・金融・官公庁・製造・流通・サービス業・IT等さまざまな分野の業務実施を見込んでおり、スタッフは希望する職務内容や勤務時間と一致する仕事に就くことが可能です。また、アメニティスペース等の設備面・福利厚生等の待遇面などにおいても充実した職場環境を用意しております。

前述した安定した雇用の確保については、同市が政令都市であり、労働人口が多いことから、多様な年齢層、業種・業態に特化した優秀な人材確保が可能な点、市内の既設2拠点との連携により有機的な人材マネジメントが可能である点から、首都圏エリアにおける大規模センターとして、顧客企業の皆様にご満足いただける高品質なサービスの提供が可能であると考えております。

横浜第三センターの概要

所在地
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-29-1 第6安田ビル7F
規模
200席(当初)
業務内容
通信・金融・官公庁・製造・流通・サービス業・IT等のコールセンターを主としたアウトソーシングサービス

ビーウィズ 横浜エリア センター規模

横浜第一センター 規模:約230席 雇用数:約350人
横浜第二センター 規模:約230席 雇用数:約350人
横浜第三センター 規模:約200席 雇用数:約300人
合計 規模:約660席 雇用数:約1000人
報道関係者お問い合わせ先
担当:経営企画部長 武田
Tel:03-5908-3121
コールセンター検討企業のお問い合わせ先
担当:営業本部
Tel:03-5908-2929
採用・応募に関するお問い合わせ先
担当: ヒューマン・アセット・デザインユニット
Tel:045-326-0250

ページトップへ