社員採用情報

現在位置
ホーム / 社員採用情報 / ビーウィズのキャリアプラン

ビーウィズのキャリアプラン

新入社員キャリアスタート編

入社後は入社研修と継続的な業務研修により、一人前のビジネスパーソンとなるための教育環境を整えています。
また、配属後のOJTではマンツーマンのインストラクターがつきますので、フォロー体制も万全です。安心して業務に取り組んで下さい。

  1. 【4月】入社 キャリアスタート!入社時研修
    社会人としての意識やビジネスマナー、そして業界のことや基本的な知識などについて、じっくり学びます。
  2. 【5月】配属
    営業部門
    オペレーション部門
    現場での研修期間のスタートです。先輩社員の営業についていき、どのようなやり取りを行うのか、会社のことをどうお客様に知っていただくか、ご要望をどう引き出していくか等を学びます。
    営業のことは先輩社員が丁寧に教えてくれますが、コンタクトセンターの知識をつけるためには自ら学ぶ姿勢がとても大切です。先輩の営業に同行して得た情報をまとめたり、専門書を読んだりしながら知識を深めていきます。
    一通り基礎知識がついたら、自分が担当するお客様を見つけるために新規営業をします。アポイントが取れたら先輩社員と一緒に訪問し、会社案内をします。どこに電話をしたらよいかの市場分析力、電話での営業スキル、お客様との信頼関係を築く力など営業に必要な力がどんどん付いてきます。
    センターでの研修期間のスタートです。まずはオペレータとしてお客様対応の基礎を学びます。このときの経験が管理者としてデビューしたときに活きてきます。お客様やオペレータの気持ちを理解するとともに、「自分が管理者だったら、オペレータのサービス提供品質を上げるためにどうするか?」という姿勢をもって臨んでください。
  3. 【10月】ステップアップ①
    入社から半年たったこの頃、ステップアップのための研修で現在の自分の状態を確認します。 コンタクトセンターの知識だけでなく、仕事をする姿勢や周囲とのコミュニケーション状態も確認し、結果を出すビジネスパーソンに近づくための振り返りを行います。
    営業部門
    電話のアポイントが取れなかったり、提案から受注に結びつかないこともたくさん経験することでしょう。でも、そうした悔しい経験を乗り越えて身についてきた力がそろそろ花開く頃です。初受注の喜びは格別!!お客様からの信頼を感じる場面が増えてくるでしょう。





    オペレーション部門
    オペレータを卒業し、スーパーバイザーの補佐として本格的にセンター運営の仕事にアサインされます。入社から半年、自分の不得意な点や知識のあいまいな点に気づく頃かもしれません。これまでに修得した内容や、ビジネスパーソンとしての心構えを磨くことが出来ているか再点検しましょう。立場が変わるので、管理者としてのセンターマネジメントや会計、労務知識など、研修内容にも応用的なカリキュラムが入ってきます。スーパーバイザーになるまで、もう少しです!
  4. 【3月】ステップアップ②
    入社からはや1年。2年目に入る前に、業務を離れて1年間を振り返る研修に参加します。
    難易度の高い仕事に常にチャレンジしていただくので、普段は自分の力の足りなさを痛感することが多いかもしれません。でも、立ち止まってこの1年間を振り返ることで、驚くほど成長していることを実感するはずです。成長できたことを自信にし、2年目を迎えられることでしょう。
    ただ、本当の意味でのキャリアはここからが勝負です!一人前の担当営業やスーパーバイザーとして活躍するためには、ある程度ではなくプロとして完成度の高い仕事をしなければいけません。高い目的意識を持って経験を積み、更に自己研鑽することで、クライアントやお客様や社内の仲間からの信頼を得られることでしょう。 3年目あたりから、次のステップである営業リーダーやリードスーパーバイザーをめざします。仕事の面白さややりがいを、どんどん感じられるはずです。

キャリアアップ編

ビーウィズには、3つの職種系統があります。
各職種では、担当部門においてスキルを磨き、その分野でのマネジメント職やプロフェッショナルを目指すキャリアプランと、仕事の幅を広げ全く新しい仕事にチャレンジしていくキャリアプランが考えられます。
それぞれ、本人の希望や適性、部門からのニーズを加味しながら、人事異動を含むローテーションを経て、一歩一歩キャリアを重ねていただきます。

ページトップへ


  • 新卒採用情報
  • キャリア採用情報
  • 職種(部門)紹介
  • キャリアプラン
  • 社員紹介
  • キーワードで見るビーウィズ
  • よくあるご質問