導入事例

現在位置
ホーム / 導入事例 / 多店舗展開の一元化対応

導入事例 多店舗展開の一元化対応

クライアント業種:
小売業(コンビニエンスストア)

背景・課題

店舗にて提供するサービスラインナップの多様化・短期間での入れ替えに、店舗スタッフの知識・教育が追いつかない。什器等の連絡窓口が多数存在し何処に相談すればよいかわからない。

ソリューション

ビーウィズでは、コンビニエンスストアの営業時間に合わせ、24時間365日体制でのサポートを実施。
店舗向けサポート窓口(店舗サポートデスク機能)とお客様相談室(コンシューマサポート機能)を一元化することで、コールセンターをクライアント企業の情報ハブとして戦略的にご活用いただいております。

サービスイメージ

多岐にわたる情報提供元を集約し、情報ハブ機能を実現

導入効果

  • 新情報やナレッジをセンターに集約することで、問題解決スピードを短縮。
  • 店舗オペレーションの品質向上、サポート機能としての専用窓口開設により、店舗管理者(SV)の負荷を軽減。
  • お客様の声/クレーム/問い合わせトレンド等をまとめたレポートを、店舗スタッフへの教育プログラムの見直し/商品・サービスの企画材料として活用。

導入サービス

コンタクトセンター

ビーウィズでは、コンタクトセンターの戦略策定支援から運営まで、多数の経験とノウハウを生かし、常に顧客満足度を追求することでコンタクトセンターのプロフィット化を実現します。

サービスやお見積りに関するご相談はこちらまで。お気軽にお問い合わせください。 電話番号 0120-936-080 受付時間 9:30~18:30(平日)

Webでのお問い合わせはこちら

関連情報

ページトップへ